脱毛クリニックと脱毛サロンはどんなところが異なるのか

脱毛をやりたいと考えた際に、皮膚科などのような医療機関でする脱毛とサロンで実施する脱毛で、料金に違いがあるのに気づくはずです。おのずと費用が少なめサロンに心ひかれてしまうものですけれど、何を隠そうその事実だけで結論を出すと悔やむ事態になるやもしれません。現時点で自分にとってなくてはならない脱毛を判断することを目指して、クリニックとエステサロンが相違する部分や導入している機具、効果や脱毛終了する迄の期間に関してご案内させていただきます。
アリシアクリニックなどの医療機関で使っている脱毛機には、アレキサンドライトレーザー、ダイオレーザー、ヤグレーザーと言ったマシンがあります。
これらはエステサロンで使われている脱毛機に比べると高出力に設定されています。これは医師が常駐しているので万が一のトラブルにもすぐに対応が可能だからです。
一方エステサロンでは医療機関で使っているような強い出力の脱毛マシンを使うことは法令禁止になっています。

 

違いの説明

 

効果の相違点

クリニックのサロンでは脱毛の効果に違いがあります。
カンタンに言えば、強力なパワーで脱毛ができるクリニックの方が脱毛に掛かる回数や期間が短くできて効果が表れているのも早いです。
個人の毛量や毛質により違いが多少あるものの一般論としては、2か月間隔で6〜8回くらい通えば大体満足いく効果を実感できるのがクリニックですが、エステサロンではそれよりもさらに回数が必要になり、10日以上通うのが普通です。

 

費用の違い

コース料金や1回の料金を比べれば断然エステサロンの方が安いです。キャンペーンやお試しプランなどを利用すれば本当に格安で脱毛ができます。
ただし、先ほど提示したように施術回数がどうしてもクリニックよりもサロンの方が多くなりますから、場合によってはサロンで脱毛した方が交通費などのトータル費用を合算すると高くつくケースも珍しくありません。

 

どっちが痛いの?

では皆さんが特に気になるのが施術における痛みだと思います。
これはやはり使っている脱毛器の違いによるもので、当然照射パワーが強力な脱毛器を使っている医療レーザーが痛いです。一方のエステサロンで行われている光脱毛は痛みが少ない脱毛と言われています。
クリニックの脱毛は強力なパワーで毛を再生する組織を破壊してしまうのでその分痛みが強く出るのは当然と言えますし、この痛みがあるからこそ効果も高いということの証拠になるのです。
ですが、現在の最新の医療レーザーマシンは痛みもかなり軽減されています。
エステサロンの脱毛はパワーが弱いので痛みは少ないですが、その分効果もゆっくりで長期にわたる通いが必要になり、厳密にいうと除毛程度の効果なので、一定期間が過ぎると再び毛が生えて目立つようになることが予想されます。
クリニックの脱毛が効果が高いからこそ痛みがあると言いましたが、医療機関であるクリニックでは麻酔を使って痛みを和らげることもできます、どうしても痛みが我慢できない方は麻酔の使用も考えてください。