脱毛と医師

医師の資格がないのにレーザー脱毛を行ったとして、診療所の経営者が逮捕された事件がありました。
レーザー脱毛は法律で医師の資格を持つ人しかできないことになっています。

 

ドクターの診察

ここ何年かの間により効果が高いレーザー脱毛が普及し始めていて、それと同時に医師の資格を持っていない人たちが、レーザー脱毛を行って体に害を被ったという事例が後を絶ちません。

そこで厚生労働省でも、この問題についてたいへん憂慮し、『レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する』という脱毛方法は医療行為にあたるため、『医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反する』としています」という通達を出したんです。エステで行われている光脱毛に比べてレーザー脱毛は「毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する」行為なので脱毛機もそれに見合った強力なものになっています。
他の脱毛方法に比べても効果が高い分、火傷や肌にダメージを受けてしまうリスクも多くなってしまいます。
ですからきちんとした知識や技術を持ち合わせない人がやってしまうと、トラブルが発生する危険が増すことになるんです。
そういったことから、レーザー脱毛を行う時には医師の関与が必要になってくるのです。

 

アリシアクリニックには池袋、新宿西口院、銀座院、表参道院、横浜院、船橋院、新宿東口院、渋谷駅前院、大宮院にそれぞれに医師が常駐していますから、法律上も全く問題ありません。
でもここで疑問がわいてくるのではないでしょうか。
医師のいる美容外科で脱毛する場合は、医師自ら脱毛の施術を行うことなく、看護師さんが行ってくれます。
アリシアクリニックでも同様で、初回の脱毛する前に医師の問診がありますが、実際の脱毛の施術は看護師さんが行います。
医師ではなくて看護師さんがやっている、これって違反じゃないですか?

 

厚生労働省の見解は、
医師の指示の元に看護師が施術を行うのは、なんら問題はないということなのです。
ですが、例えばエステサロンなどで看護師資格を持っているからといって、レーザー脱毛を行うのはこれは明らかに違法行為になります。

 

レーザー脱毛は効果が高いです。
その分トラブルが起きてしまうリスクが高くなるので、安心してできるアリシアクリニックのようなところで行うのが理想です。