医療脱毛の効果を詳しく見てみる

医療脱毛 効果が高い理由とは

エステやクリニックの脱毛はどちらも光線を照射して脱毛しています。エステや脱毛サロンは光脱毛、クリニックはレーザー脱毛と呼ばれています。光よりもレーザーの方が脱毛効果が高いです。光よりもレーザーの方が脱毛効果が高いのは、その出力の違いによるものでレーザーの方がより高出力で照射できるため脱毛効果もより高くなるというわけです。

 

医療脱毛 全身脱毛の 最適な回数

医療脱毛は効果が高いのでエステサロンのようにそんなにも多くの回数が必要ないのが魅力です。多くのクリニックでは全身脱毛プランとして設定されている回数は5回、6回、8回、そのほかにもし放題プランを設けているクリニックもあります。
結論から言えば、5,6回でかなり脱毛効果を実感できる方が多く、腕やひざ下などはこの回数で十分満足できるようです。(個人差はあります。)
他の部位はツルツルになるにはもう少し回数が必要なこともあるでしょう。クリニックでは8回プランをすすめられることが多いようですが、料金を安くしたいのなら最初に全身脱毛5回あるいは6回コースを契約し、終わった時点でもう少し脱毛したい部位があれば追加で契約した方がトータルな料金は安くなるようです。

 

部位別の回数

脱毛の効果が出る回数は、個人差があるとともに同じ人でも部位によって毛質や毛の量に違いがあるので、当然脱毛の効果を実感できる回数に差があります。
早く効果が出るのは「腕」「足」「背中」「vライン」は5回程度で自己処理が必要なくなり満足できると実感できるようです。
「顔」「iライン」「Oライン」は効果が出にくい部位ですので8回、9回ようやく自己処理が不要になります。

 

医療脱毛は1回でも効果を実感できる

1回目で効果を感じることができるかどうかは個人差があります。医療レーザー脱毛では1回の施術で10%〜20%の毛を処理できると考えられています。因みにエステの脱毛では1回に5%ほどです。お手入れ後2週間くらいで照射した個所の毛が抜けてきます。ただ数日で抜けてくる人もいれば、1か月近く抜けるまでにかかる方もいます。ですから、一時的にムダ毛がない状態になります。でもまだ完全に脱毛できていないので新しい毛が生えてきます。医療脱毛をしている間はこの繰り返しであると思っておきましょう。
最初の1回目の施術で「毛が薄くなった」などと効果を実感される方もいますが、全く感じられない方もいます、この辺はやはり個人差によるところが大きいようです。それでも医療脱毛を継続して行っていけば必ず大きな効果を実感できることは確実なのです。

 

医療脱毛の効果について

効果は産毛に対する

医療脱毛は基本的に産毛にも効果を発揮します。ただし、脱毛機が黒い色素に反応する薄い黒色である産毛はレーザーに反応しにくいとされ、1回の照射では確実なダメージを与えることができません。何回が施術を繰り返すことで産毛の脱毛も可能になります。
また医療脱毛でも使っている脱毛機により産毛に効果的なものとそうでないものに別れます。現在使われている「アレキサンドライトレーザー」と「ダイオードレーザー」と二つのタイプがあるのですが、アレキサンドライトレーザーは黒色に良く反応するので色の濃い毛に効果が高いのですが、色が薄い産毛など細い毛にはほとんど反応しません。一方のダイオードレーザーは濃い毛にも薄い毛にも反応するので産毛の脱毛にも効果的です。

 

剛毛や毛深い人の効果は

医療レーザーは毛の濃い部分いとてもよく吸収されるので、細く薄い毛よりも毛が濃い剛毛の方がより効果があるのです。
毛深いと脱毛効果が弱くなったりすることもありません。

 

脱毛効果が出ない理由

医療クリニックで脱毛して効果がない思ったら、まず一番多い原因が、医療脱毛の施術を受けてからまだ期間が経過していないということ。
脱毛してから毛が抜けくるのは脱毛してから大体2週間ほどかかるのが普通で、これに部位や個人差により変わってきますから、
産毛やVIOなんかは普通の毛に比べると2倍近い時間がかかってしまうこともあるので、毛が抜けて脱毛効果を実感できるまでには多少の時間がかかるということを覚えておきましょう。
それと1回の施術で処理できる毛は、全体の2,3割程度だと言われています。それは毛の毛周期が関係していて、2,3か月のサイクルになっているのでその都度皮膚表面に出ている成長期の毛が抜けていきます。
ですから5回、6回程度処理するとかなりの効果を実感できます。

 

脱毛効果を高めるために

脱毛サロンやクリニックに通っている時に、自分自身でいくつかのことを気を付けることでさらに脱毛効果をアップさせることもできます。

お肌の保湿

脱毛期間中はお肌の水分をしっかりと保つことも大切です。お肌が乾燥している状態だと保湿されているお肌に比べて施術の際に肌へのダメージが強くなりますからその分出力を弱くして施術を行うことになり効果がダウンしてしまう結果になります。。

 

UVケア

日焼けしてしまうと、光が分散されるので、この場合は脱毛効果が弱まってしまう可能性があります。
できるだけお肌の露出を抑えながら日焼け止めなどを使い、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

 

生活習慣

腕や足などのムダ毛は男性ホルモンが活発になると毛が濃くなります。女性がホルモンバランスが崩れてしまとムダ毛が増えて濃くなる傾向があることが分かっていますから、日頃から規則正しい生活をするように心掛けましょう。またくれぐれもストレスなんかをためることがないように。

 

セルフケアの中止

家庭用脱毛機や毛抜きでの自己処理はやってはいけません。
これをやってしまうと毛周期が崩れてしまい、脱毛の効果が弱まってしまいます。